変わった英語表現 piece of cake

先回に引き続き変わった英語表現をご紹介します。

こんな変わった英語表現があります。

piece of cake
《a ~》ケーキ1個[一切れ]
《a ~》〔一切れのケーキをペロリと食べるように〕とても[非常に]簡単な[易しい・容易な・楽な・たやすい]こと[仕事]、わけないこと、朝飯前(のこと)、ちょろいこと、お茶の子さいさい、目じゃない

類似語as easy as pie ; as easy as ABC ; as simple as ABC ; as easy as falling off a log ; as easy as shelling peas ; like taking candy from a baby ; Mickey Mouse

『ピース・オブ・ケイク』の意味は楽勝!簡単!

多部未華子さん、綾野剛さんが主演の映画『ピース・オブ・ケイク』。

この『ピース・オブ・ケイク』ってどういう意味?と気になり、調べる人が急上昇!

意味は『楽勝!簡単だ!余裕だよ!』。昔、映画でもたまに出てくるアメリカンスラングなんです!

語源には諸説あり、どれが正解かがはっきりしないため、私がアメリカで住んでいる時、聞いた話をお伝えします。

アメリカではケーキは子供の定番のおやつであり、一切れのケーキなんて簡単にぺロリと食べれる⇒楽勝!という流れで聞きました(正解かどうかわかりません)。

そのままの意味ですと一切れのケーキという意味ですが、なるほどこんな意味があるので、使えると少し上級者っぽいですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です