変わった英語表現 Dead Cat Bounce

少し変わった表現としてDead Cat Bounceというワードがあります。

 

中国上海市場の最近の値動きを受けて、英紙フィナンシャル・タイムズが「再び上昇するのか、それとも死んだ猫か(Rally resumed, or dead cat bounce?)」という見出しを書いた。

投資用語(ウォール街より)「Dead Cat Bounce」の意味は死んだ猫でも高いところから落とすと跳ねる。

先週13%暴落した後、23日に2%戻した中国株に例えて引用されました。

「デッド・キャット・バウンス」は、「高いところから落とせば、死んだ猫でも跳ね返り」からきています。

この用語ウォール街で多年に使われています。

最初には、1985年シンガポールとマレーシア株価が持続的な不況の間に回復した時に使われました。

フィナンシャル・タイムズのジャーナリスト Horace Brag と Wong Sulong が、株価は「デッド・キャット・バウンス」であるといわれました。

広東語にはこれと似ている古い解釈が存在し、本来の起源である可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です