変わった英語表現 Period

Periodを使った英語の「期間」

英語のperiod(ピリオド)は、最初から最後までといった一定の期間を表現する一般的な表現です。

また、時代という意味でも使われますが、同様の意味合いです。

例(period):

Edo Period-江戸時代
At a peak period-ピーク時に
a short(long)period of time-短(長)期間
1-2.Termを使った英語の「期間」

任期や学期などで使われる「term」(ターム)ですが、良く使う英語の期間を表現する名詞です。

Periodとの違いは、termは事前に決められている一定期間となります。

例(term):

the spring term-春季学期
term of office-任期
long term loan-長期貸付
2.「期間」を英語

period

以上/会話終了

《例文》
A:Mom, you don’t understand! Everybody’s wearing Jordan’s. Why not me?
B:Because those are too expensive for a 3rd grader. I’m not buying them. Period!

《日本語訳》
A:ママは分かってないんだよ!皆、ジョーダン(のスニーカー)を履いてるのに。どうしてボクだけダメなの?
B:どうしてって、小学3年生には高価過ぎるからです。買いません。会話終了!

“period” は文末に付ける句点であることから、「この件について、これ以上は会話も検討もしません」という最後通牒を意味します。シチュエーションを選ばないと相手を怒らせる可能性もあるので、使い方には気をつけましょう。

また、会話文中の「靴」は複数形のため、“it” ではなく“those”“them” を使います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です