カラーを使った表現 Yellow:黄色

yellow streak(=臆病な性格)

黄色は「臆病」な人を表す時に使われる事が多いようです。「臆病」に「傾向」の意味の “streak” がついて、臆病な性格と言う意味になります。

例文

He has a yellow streak and he never went against his boss.
「彼は臆病で、上司に逆らったことがない」
What a yellow streak cat.
「なんて臆病な猫なんだ」

yellow streak
〔鉱物などの〕黄条
《病理》臆病な[小心な・卑劣な]性格

という意味があります。

次のような使い方があります。

have a yellow streak down one’s back
〔主語には〕臆病な[ひきょうな]ところがある

have a yellow streak in
~には臆病なところがあ
show a yellow streak
臆病[小心]な性格を見せる

Have a yellow streak (down one’s back)
という慣用句があり「臆病な性格」という意味です。
He has a yellow streak down his back a yard long and a mile wide
(=彼はめちゃくちゃ臆病だ)なんていう大げさな表現もあります。

Yellowed paper
(=黄ばんだ紙)のように「時を経て古くなった」というイメージもあります。

イエローにはこのような表現が方法があるので、いろいろ使ってみましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です