嬉しい時に使う表現 Oh my God!

Oh my God! は、残念な時、嬉しい時の両方につかいます。

そんなまさか!

ザ・アメリカンなこちらの英語フレーズ。”Oh my god!”を、「そんなまさか!」と訳してしまうと少しネガティブな感じもしますが、喜びを表す時は「キャー!」などの言葉にできない驚きのまじった喜びに近いニュアンスになります。親しい友人などとの会話に使いたいですね。

OH MY GOD! Are you dating Scott?? I am so happy for you!!!
(キャー!スコットとデートしてるの?おめでとう!!)

Oh my God!”の意味は「なんてことだ!」
“Oh my God!”は直訳すると「あぁ、私の神よ!」となります。

“oh”⇒ おお/おや/まぁ/ああ/おー!(驚きや感動)
“my”⇒ 私の
“God”⇒ 神様

ただその先にある意味は、日本語でいうところの「なんてことだ!」、「えー!」、「やば!」、「うそー!」に近いと言えるでしょう!

驚き/衝撃/怒り等の感情を強調する!
“Oh my God”は驚いた時、衝撃を受けた時、怒った時などに使われて、その感情を強調する際の表現として使われる英語表現です。

感情のあまり発してしまう言葉である「感嘆詞」や「感動詞」のカテゴリーに入るフレーズになります!

説明をしなくとも、「オーマイガー!」と言うだけで、いろんな状況の感情表現に対応できるのです。なので何も考えずつい使ってしまう便利表現というわけ。

信仰心に関係なく使われる!
実際に神様を信じているかどうかは正直関係なく、キリスト教徒でなくても”Oh my God”と言うことがよくあります。

ただし神の名前を出す程ですから、本来は普通のシチュエーションでは使われない英語。本当に大変な状況の時にのみ言われるフレーズです!

とはいえ最近は、あまり大事でもないタイミングで”Oh my God”と言うことも。言葉の意味に関係なく、軽い感覚で使ってしまっている若者が多くなっていることも事実です。

日本人が「ヤバい」を色々な場面で多用できることのように、”Oh my God”は対応できる幅が広過ぎて、意味が軽くなってしまっているのかもしれませんね。

ちなみに”God”は固有名詞されているので、必ず大文字スタートで書くようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です